男女でハゲ方も違うの?

男女の薄毛の原因の違い

 

私が、薄毛の原因を調べるにあたってはじめに知ったのは、
男女で薄毛の原因が違うということでした。

 

 

同じ人間なのに、ハゲる原因が違うんだ〜と少し驚きましたが、
よく考えれば、男女のハゲ方もなんか違うな〜と思いました。

 

 

例えば、男性に多いハゲ方が、

 

  • 前頂部(額の上から禿が進行)
  • 頭頂部(ザビエルさんみたいな感じ)
  • M字ハゲ(額の生え際から進行)

 

 

この3つ。中には、これらが混ざって進行するという悲惨な人も。

 

 

それに対して、女性に多い薄毛が、

 

 

びまん性の脱毛症

 

 

頭頂部が、全体的に薄くなってきて脱毛部分との
境界がよく分らないってパターン。

 

 

管理人のカーコも20代後半から少しずつ抜け毛が増えて、
このびまん性脱毛に悩まされました。

 

なんで男女で薄毛の原因が違うのか?

本題に戻ると、男女の薄毛の原因の違いには、
体の調整を行ってくれるホルモンが関係あるということでした。

 

 

男性の場合、DHTという男性ホルモンが髪の毛の根元に
作用してハゲる場合が多いです。

 

 

女性の場合も、閉経期を迎えて女性ホルモンが少なくなることによって、
男性ホルモンが増え同じようなハゲ方をする場合があります。

 

 

しかし、最も女性に多いびまん性脱毛症の原因は、老化のほかに、
ストレス、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れ、誤ったヘアケアです。

 

 

ストレス社会の現代は、昔に比べて、若年で薄毛に
悩む女性が増えてきたという統計にも納得いきました。

 

 

ということは、しっかり対策すればびまん性脱毛症の改善も期待できる!

 

 

そんな感じで心に光が差し込んできました。

 

 

びまん性以外の薄毛のタイプ5パターン

びまん性脱毛症とは違ったタイプの脱毛症で悩んでる人も多いと思います。

 

 

そこで、そのほかの女性の脱毛症のタイプと主な原因を
専門書を参考にまとめてみました。

 

1.分娩後脱毛症

 

ご存知かもしれませんが、妊娠の後半の時期になると
女性ホルモンが増加します。

 

 

その間、髪の毛は成長期という段階でしっかり維持している状態。

 

 

ところが、妊娠後、女性ホルモンがホッとしたのか乱れてくると
一斉に休止期という状態に入り、抜け毛が多くなります。

 

 

カーコも無事出産できたことはすごく嬉しかったけど、これには悩まされました。

 

 

2.牽引性脱毛症

 

長期間、髪をひっぱることによって負担がかかり、
その部分だけ抜け毛が多くなるという症状。

 

 

カーコは、これが原因での脱毛症はなかったのですが、
これを知ってから、特定の髪型にとらわれず、
色々な髪型に挑戦するよう気をつけました。

 

 

3.円形脱毛症

 

これが、少しやっかい。

 

 

免疫機能をもつリンパ球というものが、本来外敵を退治するはずが、
混乱して自分の細胞を攻撃しだすという状態。

 

 

しかも、生きるのに直接関係ない毛根がはじめに
標的になりやすいということです。

 

 

原因は、ストレスなどと言われていますが、今のところ、
しっかりとした根拠がないそうです。

 

 

保険がきかない場合があるので、さらに悲惨です。

 

4.脂漏性脱毛症

 

皮脂の過剰分泌によって、毛穴がふさがれて抜け毛の原因になる症状。

 

 

男性に多いのですが、女の人もなる人がいるらしいです。

 

 

そのかわり、原因が原因なので、正しいシャンプーなど対処方法があります。

 

5.ひこう性脱毛症

 

フケが多くなって、赤く炎症ができて、髪の毛が成長できなくなった状態。
脂漏性とは逆に、シャンプーのしすぎや皮脂の取りすぎが原因の場合が多い。