分かってるつもりの紫外線対策!

頭皮のスキンケア

 

女性なら肌の紫外線ケアを怠ってないと思うのですが、
頭皮のケアはどうでしょうか?

 

 

実は、頭皮も肌と同じで紫外線を浴びると、日焼けするのです。

 

 

普段の頭皮の色は、青白いのですが、日焼けをすると
ピンク系や赤茶になる人もいます。

 

 

日焼けをすると活性酸素が発生することによって、
シワやシミができるのですが、抜け毛の原因にもなる
可能性が高いと考えられています。

 

 

つまり、薄毛の抜け毛対策には、頭皮の紫外線対策が必要です!

 

 

私も普段、中々見ないところだったので、おろそかにしがちだったのですが、
抜け毛が気になる前に予防しておけば良かったと痛感しました。

 

 

髪の毛はUVケアをしている人が多いのだが、、。

 

髪の毛にはUV対策してるけど。

 

髪のUV剤は、頭皮のものとは別で、髪の毛専用となっています。

 

 

頭皮につけるとダメージを与えることになるので、気をつけましょう。

 

 

髪の毛と頭皮のUVケアは、別ということですね。

 

 

頭皮のUVケアは、紫外線が強くなりだす5月ごろから
9月の終わりまでの春夏は特に欠かさないようにしましょう。

 

 

春から夏の紫外線対策!

 

春と夏の頭皮の紫外線対策

 

基本的に、帽子や日傘で紫外線対策をするのが大事です。

 

 

帽子の種類は、通気性の高いものを選ぶと蒸れにくくなります。
もちろん、室内ではとるようにしましょう。

 

 

汗をかきやすい季節なので、常在菌の繁殖の原因になります。

 

 

私の場合は、日傘なんかは、最近では、可愛いのが多いので
オシャレ感覚で使ってます。

 

 

帽子は、木綿系や麦わら帽子を選ぶと通気性がいいですよ。

 

 

秋冬の紫外線対策!

 

秋口から抜け毛が目立ちやすいです。

 

 

頭皮が乾燥しやすくなるので、保湿する対策が必要。

 

 

ただ、かぶりっぱなしで、保湿のしすぎは、蒸れて常在菌の
繁殖につながるので、注意が必要です。

 

 

また、皮膚のバリアも低下してしまいます。
TPOを意識しながら、適所で帽子をかぶって
対策するようにできるといいですね。

 

 

髪のオシャレにも抜け毛対策を取り入れよう!

 

抜け毛対策にスタイリング剤のつけすぎは注意

 

髪のセットにスタイリング剤は、欠かせません。

 

基本的に、スタイリング剤はどんなものを使ってもいいのですが、
つけすぎに気をつけましょう。

 

 

重要なのは、シャンプーと同じでしっかりと落とすことです。

 

 

次に、カラーとパーマがあります。

 

女性としては、欠かせないところですが、
長期で見ると髪にダメージを与えるので、抜け毛が気になってきたら、
頻繁にするのは避けた方がいいかもしれません。

 

 

参考までに髪にダメージが高い順に表をまとめました!

 

ブリーチ 髪のメラニン色素を脱色。頭皮、髪に負担がかなり大きい。
縮毛矯正 薬剤と熱の刺激があり、頭皮へのダメージが高い。頻度が多い人が、後年、抜け毛の量が多くなった人が多いというデータがある。
ヘアカラー 特に、1〜2か月持つ永久染毛剤は負担が大きい。白髪染めも同じ。
パーマ 髪のキューティクルをはがす。ダメージは、個人差がある。
ヘアマニキュア キューティクルに薬剤がつくだけなので、頭皮のダメージが一番少ない。