女性と男性では育毛剤の選び方が違う?

育毛剤の選び方は男女で違う!

 

私が、育毛剤の選び方を調べていくうちに重要だと思ったことは、
男女で育毛剤の選び方が違うということでした。

 

 

まあ、育毛剤の販売ページなんかを見るとあきらかに
男性向け、女性向けのページがあるので、
わざわざ異性向けのページで買うことは少ないと思いますが。

 

 

ただ、旦那が育毛剤を使っていて、自分もちょっと
使ってみようかなあってことがあるかもしれません。

 

 

基本的に女性が男性向けのものを使っても問題ないのですが、
男性用の場合脂っぽい頭皮の人が多いことから、有効成分が
多めに入っていることが多いので、女性が使うと、場合によっては、
頭皮がかぶれたりするかもしれません。

 

 

また、清涼剤も多く入ってるので、苦手って人もいます。

 

私もそのうちの一人ですが、、。

 

 

というわけで、女性が育毛剤を探すときは、
女性用のものを使うことを推奨します。

 

 

あまりないかと思いますが、夫婦で使いたいなら
男女兼用の育毛剤を選びましょう。

 

 

女性用育毛剤の選び方!

 

育毛剤の選び方

 

さて、本題に戻りますが、女性用の育毛剤ってどんなのを
選べばいいの?という疑問にお答えします。

 

 

育毛剤選びで1番重要なことは、成分を確認するということです。

 

 

今のところ、医学的に発毛効果が認められているのは、ミノキシジルだけ。

 

 

一つだけ?これには、私もびっくりしました。
なら、ミノキシジル配合のものを選べばいいじゃん!って思いましたが、
当然ながら、そんな簡単ではありませんでした。

 

 

ミノキシジルは、医薬品のため、医者や薬剤師によって、
処方される必要があります。

 

 

多毛症という副作用のリスクがあるので、その人に
あっているのか?使うべきなのか?判断が必要だからです。

 

 

通販などで販売されている市販のものは、基本的に
予防を重点にしている医薬部外品となってます。

 

また、化粧品に分類されているものもあります。

 

 

予防や効果があるといわれているのが、
医薬品>医薬部外品>化粧品
の順です。

 

 

なので、自分の頭皮環境や状態をしっかり把握した上で
育毛剤を選ぶことが重要になってきます。

 

 

育毛剤の成分で、覚えておきたいのが次の表。

 

 

成分名 主な働き
ミノキシジル 発毛効果が認められた成分
センブリエキス 末梢血管を拡張して血流を良くする
ニコチン酸アミド 毛母細胞の活性化
アデノシン 毛母細胞の活性化
β-グリチルレチン酸 殺菌作用
ショウキョウチンキ 血行促進、殺菌作用、抗酸化作用
塩化カルプロニウム 頭皮の血管を拡張

 

これらの成分が、配合されていることが重要。

 

 

後、配合の割合も重要ですが、
どんな配合の割合がいいのかは、人によって違います。

 

 

つまり、育毛剤も人によって、効果が違うということです。

 

 

できれば、自分と同じような頭皮環境で悩んでる人が
効果があったという口コミを調べてから選んだ方がいいということですね。

 

 

育毛剤はどのくらい使えば効果が出るの?

 

育毛剤を使ったらみんながみんな髪が増えるということはありません。

 

しかし、効果がでる人もちゃんといます。

 

 

ヘアサイクルなどの関係で、目安として、6ヶ月は続けるのが基本になっています。

 

 

つけたら見る見る生えてきたということは、まずありませんので
そんな風に頭に入れておくといいですよ。

 

 

早めに、『薄毛の原因のページ』などを参考に自分の状態を
よく考えながらサプリメントや育毛シャンプーと一緒に
コツコツ対策していくことが重要というわけですね。

 

 

2、3年コツコツ、コツコツ対策を続けてきた私にとって、
この辺りのお話は、シミジミそうだなと思います(涙)